出産の苦しみを味わう

女性はいづれ妊娠して出産の苦しみを味わうことが多いのです。大変な思いをした分わが子に対する愛所も大きくなるようです。
ちょうど、「久しぶり!どうしてる?」って連絡した時は、幼馴染もつわりで苦しんでる時らしく自分自身も春前は苦しんでいたのを思い出した。
初めてのつわりは、無限の苦しみのように感じたよ。
寝てる以外はずっと続く吐き気、空腹なんで実感は忘れた時期だった。

TVの食べもののCMなんて論外・・即、電源OFF。

久しぶりの電話でまさかつわりの話になるなんて思ってもみなかったな。

久しぶりに再会した時は、2人ともチビ付きでなんか不思議だった。
自分らがこのくらいの時から会ってて遊んだりしてて、今はいつの間のか自分らの子供らが遊んでるの。

時の経つ早さを感じるよね。歳をとるわけだ。
出産して一気に歳をとった気がするのは気のせいだろうか・・・?!

チビらが遊んでいてくれてる間、幼馴染と終始育児や妊娠中のこと、結婚してからのこと姑のこと話題が尽きない尽きない。
この1~2年の間の出来事を怒涛のごとく話したね。

昔の女子会がいつの間にかママ会になってるんだもん。

住んでるとこも遠いしなかなか会えないのは残念だけど、やっぱり幼馴染は幼馴染だ。
歳をとっても子どもを産んでも変わらない。
時だ経つのが早くて寂しい半分、変わらない幼馴染がなんか嬉しかったりする。

チビらもママ達みたいな友達同士になってもらいたいなー。